公益財団法人 高知県文教協会とは


 高知県文教協会は、戦前から民間教育団体として活動してきた高知県教育会を母体にして設立された公益財団法人です。
 当協会の目的は、高知県の教育文化の発展を図り民主的文化国家の建設に寄与すること、及び教職員団体その他教育文化に関係ある団体に教養福祉の場を提供して、高知県の教育文化の振興に寄与することです。

 この目的達成に向けての当協会事業の運営は、当財団所有の財産が生み出す利益と寄附金等を財源として理事会が行います。

 当法人への寄附金は一般寄付金と、使途特定寄附金があり、公益財団法人への寄附金は所得税法に基づき確定申告の際に寄附金控除が受けられます。

 当協会には、各種の事業を行う「協会部」と高知県文教会館の運営を行う「会館部」があります。 

概要>

 項 目   内  容
 名  称  公益財団法人 高知県文教協会
 所  在  地  高知県高知市本町4丁目1-49

 代  表  者

 理事長

 垣 内 守 男 

 役  員

 常務理事

 宮 繁 啓 司 、小 松 啓 起
 事業内容

 県内の文教活動の支援・奨励、文教会館の運営(H30ー31年度は休止)

 沿  革

 昭和23年4月10日:財団法人高知県文教協会 設立
 平成24年10月1日:財団法人高知県文教会館を合併
 平成27年4月1日:公益財団法人として認可