椋庵文学賞


 目次|募集要項|椋庵文学賞の歩み|受賞作品一覧

 

・募集要項

 毎年報道機関へ発表した時に更新します。 


・椋庵文学賞の歩み

(「文教高知」45号(平成11年11月27日発行)より)

 文教三賞と呼ばれている賞の中核的存在として椋庵文学賞がある。椋庵文学賞財団が主宰するもので、文教協会が事務局を受け持っている。毎年県内で発表された小説や詩歌などのジャンルから、最も優れた作品を選んで表彰してきた。昭和42年、「椋庵文学賞基金」が設けられて、第1回選考が行われたが、該当なしに終わっている。第2回以降は優秀作品に恵まれて授賞が行われ、若手登竜門としての役割も果たしつつ、平成11年度は33回を数える。


 なお、昭和45年4月、これまでの「椋庵文学賞基金規定」を廃止して、「財団法人椋庵文学賞財団」が設立されている。当文教協会の創立当時から理事として、協会運営にご尽力頂いた、故町田昌直先生のご遺族からのご寄付によって、設けられたものである。
  
※ 名称は、法人に関する新法律に基づき公益財団法人として認定され、
       平成24年4月1日より「公益財団法人椋庵文学賞財団」となった。


・受賞作品一覧

  年度  受 賞 者   作 品  ジャンル
51 H29 千光寺 昭子 鳥谺 詩歌
50 H28  ナ シ    
49 H27 島 総一郎  消えてゆく灯影(ほかげ)  小説
48 H26 若江 克己 「春がすみ」 小説
47 H25 森  武司 「華」(はな) 森 武司 句集 詩歌
46 H24  ナ シ    
45 H23 宮地 たえこ あめご 散文
44 H22 沢村 多美 歌集「赤き月」 歌集
43 H21  ナ シ    
42 H20 米沢 朝子 樹下に眠りて 小説
41 H19  ナ シ    
40 H18 片岡 千歳 詩集 最上川 詩集
39 H17 渡辺 智恵  爪  小説
38 H16 中村 妙子 荒野の彼方へ ある若い夫婦の生涯(一)・(二) 小説
37 H15 野村 土佐夫 香長平野 野村土佐夫詩集 詩集
36 H14 松林 朝蒼 遠 狭 (とさ) 句集
35 H13 国見 純生 やんまのごとく 歌集
34 H12 山田 まさ子 鈴鹿峠へ 小説
島本 征彦 異説 龍馬 小説
33 H11 本山 卓仁 深夜の伝言 小説
32 H10 吉川 朔子 それた銃弾のあとで 詩集
31 H9 唐岩 宗次郎 山伏良学院 小説
30 H8 田村 満智子 歌集 夢喰鳥 歌集
盛田 勝寛 海辺の白日夢 エッセー
29 H7 清岳 こう 凹凸をなぞりながら 詩集
28 H6 山岡 千枝子 「ねの首」岬 小説
27 H5 たむら ちせい 句集 兎鹿野抄 句集
26 H4 山川 禎彦 レンゲの窓 小説
25 H3 仁淀 純子 岩場の鳩 小説
24 H2  ナ シ    
23 H元 島内 一夫 西本あつし覚書 小説
22 S63 木村美恵子 アカシアの花散る窓   小説
21 S62 小林 哲夫 航跡Ⅲ 小説
20 S61 芝藤 貞美 父と私と ノンフィクション
19 S60 山本 英三 たぶの木の下で エッセー
18 S59  ナ シ    
17 S58 金井  明 沈下橋 小説
16 S57 杉本 雅史 白日の遁走 小説
15 S56  ナ シ    
14 S55 河上 迅彦 見えない女の子 小説
13 S54  ナ シ     
12 S53  ナ シ    
11 S52 西村 時衛 老女がたり 創作
林  嗣夫 学校 創作
10 S51 小林 落花 痴の境涯 句集
9 S50  ナ シ    
8 S49  ナ シ    
7 S48 松岡 俊吉 島尾敏雄の原質 評論
6 S47 大崎 二郎 その夜の記録 詩集
5 S46 杉本 恒星 巌の径 句集
4 S45 吉村 淑甫 海の人びと エッセー
3 S44 片岡 文雄 悪霊 詩集
2 S43 土佐 文雄 熱い河 小説
1 S42  ナ シ