文 教 文 化 賞

 高等学校、特別支援学校の文化部の活動に対し、計画と成果の両面で優秀と認められるものを表彰し助成します。


平成30年度(第14回)受賞校

 

<文教協会賞>

  県立高知工業高等学校(漫画研究部)

 

<文教協会奨励賞>

  県立安芸中・高等学校(書道部)

  県立高岡高等学校(写真部)

 

<文教協会特別賞>

  県立須崎工業高等学校(造船部)

クリックで拡大
クリックで拡大


文教文化賞について

 当協会の表彰制度の中に高等学校を対象としたものが無かったことと、他組織にも高等学校の文化的活動を対象とした表彰制度が少なかったことなどから、平成17年度から新たに当協会が高校の文化的活動を表彰する制度を設けました。
 この賞は高校生の文化的活動が活性化し、その内容と質が向上することをねらいとしています。
 そのため活動結果のみに視点を当てて年度末に表彰するのでなく、前年までの活動実績と当年度以降の活動計画も審査の対象として年度途中に表彰し、その賞金を即座に活動に役立てていただこうと考えています。

 賞は「文教協会賞」と「文教協会奨励賞」があり、文教協会賞は活動実績を重視しますが、文教協会奨励賞は過去の実績より現在の活動やこれからの活動計画を重視して奨励するものです。


応募要項

 1. 目 的  生徒の人文科学、社会科学、自然科学、芸術等の優れた研究・活動を表彰することにより高等学校(盲・聾・養護学校高等部を含む、以下同じ)における文化活動を支援し、活動の活性化とレベルの向上に資する

 2. 対 象  高等学校に設置されている文化系の部、クラブ、サークルで、学校長の推薦があるもの
 3. 表 彰  文教文化賞は、文教協会賞(優れた成果を挙げた活動に対し5~7万円)と文教協会奨励賞(優れた実践が期待できる活動に対し3~5万円)とし、選考委員会の選考にもとづき表彰する

 4. 高知県文教協会は、選考・表彰にかかる経費を負担するとともに事務を担当する
 5. 推 薦 (1)推薦書の受付は、8月20日までとする
      (2)推薦書様式

 

                              年 月 日                                            高知県文教協会理事長あて
                              学校長名

       平成  年度文教文化賞の推薦について

 うえのことについて、下記の通り推薦します。
 (1)部・クラブ・サークルの名称
 (2)代表生徒氏名および顧問教員氏名
 (3)構成人数(学年別・男女別)

 (4)過去二年間を含む8月までの活動実績

 (5)今後の活動計画

 (6)推薦理由

 

 

(上記をA4用紙2枚程度にまとめて提出すること。参考資料添付は可。)

 6. 選 考

 (1) 高知県文教協会内に選考委員会を設ける 
 (2) 選考委員は5名以上7名以内とし学識経験者の中から高知県文教協会理事長が委嘱する

 7. 賞の授与  9月に行う
 8. 活動報告書の提出

 受賞1年後に活動報告書を高知県文教協会に提出する(様式自由、簡潔でよい)

 9. この要項は、平成18年4月1日から施行する