椋 庵 文 学 賞

 高知県在住者が本年中に発表した文学作品を対象とした賞です。全ジャンルの中で最も優れた作品を選んで表彰します。


 令和元年度の推薦受付を開始しました。

 

 締め切りは原則として12月20日、受賞発表は2月上旬です。

 募集要項・推薦書はダウンロードしてご利用ください。

 

ダウンロード
椋庵文学賞
募集要項(椋庵).pdf
PDFファイル 160.4 KB
ダウンロード
椋庵文学賞
推薦書(椋庵).docx
Microsoft Word 20.4 KB


平成30年度(第52回)椋庵文学賞入賞作品

 

『 山 桜 』 和 田  和 子

 

 

ー選考委員(○委員長)ー

○小松 弘愛  杉本 雅史  津田 加須子

 又川 晃世  味元 昭次  米沢 朝子  依光ゆかり


これまでの受賞作品一覧


椋庵文学賞のあゆみ 

(「文教高知 45号」高知県文教協会50周年特集号(H11年11月)より

 

 文教三賞と呼ばれている賞の中核的存在として椋庵文学賞がある。椋庵文学賞財団が主宰するもので、文教協会が事務局を受け持っている。毎年県内で発表された小説や詩歌などのジャンルから、最も優れた作品を選んで表彰してきた。昭和42年、「椋庵文学賞基金」が設けられて、第1回選考が行われたが、該当なしに終わっている。第2回以降は優秀作品に恵まれて授賞が行われ、若手登竜門としての役割も果たしつつ、平成11年度は33回を数える。


 なお、昭和45年4月、これまでの「椋庵文学賞基金規定」を廃止して、「財団法人椋庵文学賞財団」が設立されている。当文教協会の創立当時から理事として、協会運営にご尽力頂いた、故町田昌直先生のご遺族からのご寄付によって、設けられたものである。
  
※ 名称は、法人に関する新法律に基づき公益財団法人として認定され、平成24年4月1日より「公益財団法人椋庵文学賞財団」となった。