高知市旧関川家住宅民家資料館

関川家について

関川家全景

 慶長5年(1600)土佐二十四万石の国主となつた山内氏は、それまでの国主長宗我部氏の遺臣たちの勢力を無視することができませんでした。
 そこで遺臣たちを庄屋として起用したり、また農業を営んでいる遺臣たちにも武士の身分を与えて不平不満を解消しようとしました。そうしてできたのが郷士制度です。
  関川家は織田信長の二子信雄の家臣で徳川姓を名乗っていましたが、将軍徳川家と同姓であるのを遠慮して関川姓を名乗るようになりました。そして寛政2年(1790)郷士となり、分家の数もふえて栄えてきました。
  関川家住宅は分家筋ですが、今に郷士・豪農のたたずまいをみせています。昭和49年に重要文化財となりました。

屋敷平面図(図をクリックすると拡大されます)

屋敷平面図

 薬医門造りの表門から入ると、南向きに主屋を構え、主屋西側には二つの倉を並べた平地豪農民家の典型的な配置です。
 表門は主屋よりは後に建てられたものです。二つの倉のうち道具倉が先に建てられ、いずれも明治前半ごろの建築のようです。
 道具倉は切妻造り、外壁はすべて貼瓦で内部にもみられ、本県では珍らしい両開き土戸です。米倉も切妻造りで、外壁の腰の部分は貼瓦です。外壁の水切りが倉をどつしりとみせています。

関川家主屋間取図と解説(図をクリックすると拡大されます)

主屋間取図

 主屋の建築年代は座敷の間本床の壁下にある雑巾摺という部分に「干時文政二卯歳後四月上旬張之野田村大工彌左衛門作」と墨書されていることで知れ、文政二年(1819)に建築、または一部に手を加えたのでしよう。
 屋根は寄棟造り、茅葺き。その茅葺きのまわり四面に瓦葺きの庇があります。
  式台、座敷の床、オナゴベヤ、台所、土間などはこの庇の下にあり、庇構造がよく発達している点に大きな特徴があります。一般的な民家では居間や座敷を寝室に使いますが、関川家住宅では奥、仏間、オナゴベヤを寝室として確保したために、座敷の間が押し出されて、全体として鍵型となり、居住部と接客部がはっきりと区別されている点にも大きな特徴がみられます。

間取りの説明

イマ
  イマ:居間

・ドマ:土間

倉が建築されるまでは物置場や作業場として使われたらしい。

・ダイドコロ:台所

 調味料の保存や食事室を兼ねていた。

・イマ:居間

細い桟を小間隔に取りつけた舞良戸という古風な板戸で仕切られた板間。座敷とは別の落ちつきがある。イロリの上に煙出しがある。

・オナゴベヤ:女子部屋

窓のない土壁の部屋。女子の起居に使われていた部屋であろう。

 ・ブツマ:仏間

土佐の民家で仏間のある間取りはたいへん珍しい。寝室を兼ねていた。

シキダイ
  シキダイ:式台

・オク:奥

居室と寝室とを兼ねていた。北側と東側との鴨居は、ほかの部屋の鴨居とは違った手の込んだ技術が用いられている点が注目される。

・ヨウノマ

南面した畳の部屋で、ここにも天井に槍かけがある。

 ・トリノマ

建築当初はこの部屋はなく、ドマヘの出入口があつた。その後いつ現状のようになったか明らかではない。 トリノマの意味も定かでない。

・シキダイ:式台

客を送り迎えする部屋。地袋つきの棚のある脇床がある。天井には槍かけがあり、武士の面影を残している。

ザシキ
  ザシキ:座敷

・ザシキ:座敷

高貴な人を迎え入れる部屋。本床と天袋つき棚の脇床とがある。北側オクの間との境は大型の襖で仕切られているが、古くは土壁で仕切られていた。客間として完全に居住部からは隔絶されていた。


展示館のご案内


 ・休  館  日 : 毎週水曜日/年末年始  ※環境整備のために臨時に休館することがあります。
 ・開館時間 : 午前9時~午後4時
 ・入  場  料 : 無 料
 ・所  在  地 : 高知市一宮中町3丁目11−59
         TEL (088)845-8529
 ・管   理 : 高知市教育委員会(民権・文化財課)
         TEL (088)832-7277
  ・高知県文教協会が管理業務を受託しています。
         TEL (088)824-5451