高知県産業教育振興会

概要

高知県の農業・工業・商業・水産・家庭・看護・総合学科の産業教育の振興に向け、産学連携の事業を実施しています。
全国組織には、産業教育振興中央会、全国産業教育振興会連絡協議会などが有ります。
 

 経過

  • 昭和17年、高知県知事を会長に事務所を県庁内に置いて発足したが、昭和24年に事務所を県庁外に移し(高知県文教協会などと同室)、会長を産業界から選び全国的にも数少ない民間団体として再発足した。
  • 専任事務職員の設置、産振法による設備の外郭団体等による負担金の県費予算化、高産振活動のPR、全国に誇る技術競技大会の開催など産業教育の振興発展のため活発な活動を展開してきた。
  • 産業経済界、産業教育関係者のご協力ご支援により現在の会員は産業界約700名、学校関係は6500名を有し、予算額は全国レベルに達するまでに強化充実された。

事業内容

  1. 産学連携・協力の促進
  2.  教員・生徒の研修活動の奨励:産業実地研修会、県外受講・視察等
  3. 会報、研究資料の発行
  4. 技術競技会の助成:農業・工業・商業・水産・家庭・看護の技術競技会
  5. 学校クラブ等の助成
  6. 教員・生徒の表彰:産業教育功労者表彰、優良卒業生の選奨、入交太兵衛記念賞
  7. 産振特別協議会の活動:産業教育振興策の推進・提言
  8. 全国・四国大会等の支援ほか


事務局

  • 電話&FAX  : 088-872-7747
  • 代表者 会長  : 青木   章泰
  • 理事長兼事務局長: 大宮   健吉 (H22~)